風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
追伸
品切れ・絶版図書
 
 
異国阿房列車

著者: 竹内伝史

本体価格: \1,600(税別)
サイズ: 四六判並製 302頁
ISBN: 4-8331-5205-1
発行年月: 2010年3月刊

数量


 

■内容説明

内田百關謳カにならって、「用事もないけれど、汽車に乗って」みる旅へ。あこがれのシベリア鉄道にはじまり、アジア、中欧、オセアニアと世界各国の鉄道に乗り込み、交通学者ならではの観察力で描く異国版「阿房列車」の旅。
 

■目次

まえがき

第1章 豊饒の大地シベリア列車紀行

1 究極の阿房列車、シベリア鉄道
2 極東の玄関から一路北上
3 西へ転進、アムール川と共に
4 車上の暇日、東シベリア山岳地帯
5 バイカル湖からシベリア平原へ
6 西シベリアの両都市を結んで
7 ウラルを越えて

 【阿房孤欄(壱)】 ウラジオストク
 【阿房孤欄(弐)】 ノボシビルスク
 【阿房孤欄(参)】 エカテリンブルグ
 【阿房弧欄(四)】 両都連絡新幹線
第2章 ベトナム世界遺産めぐり列車紀行

1 恒例・阿房列車の序
2 ベトナムと鉄道事情
3 夕方のサイゴン出発
4 南ベトナムの平野を北上
5 ベトナム中部の世界文化遺産都市
6 窮屈な座席列車で古都へ
7 フエからハノイへ

 【阿房孤欄1】 ホーチミン市散策
 【阿房孤欄2】 ハノイ散策
 【阿房孤欄3】 ローカル鉄道とハイフォン

第3章 午睡の中に過ぎる関中平野――中国隴海線列車紀行

1 黄河上流の美都、蘭州
2 列車手配の不首尾は例の如し
3 硬臥車で渭水渓谷を行く
4 関中平野ひらける
5 黄土の河岸段丘を行く
6 日暮れし道は速し

第4章 海陸一気通貫、バルト海列車の旅

1 阿房はびこり、賢人、これを珍重す
2 吾身に思うスローツーリズムの困難
3 出端を挫く置引き被災
4 海を渡る列車(その一)、橋梁編
5 海を渡る列車(その二)、フェリー編
6 欧州大陸の終曲


第5章 中欧3都、列車三角旅

1 ハプスブルグ帝国の古都をめぐる
2 ヴィンドボーナの出発
3 モラビア高地を越えてボヘミアへ
4 百塔の街、プラハ
5 通過ビザで通過するスロバキア
6 ブタペストの一日
7 オリエント急行の走った道

第6章 ふらっと豪州、阿房列車

1 長めの序
2 シドニー駅の出発まで
3 久しぶりのオーストラリア列車旅行
4 早起きの昼は二度食べる
5 ユーカリ原生林の昼下がり
6 豪雨の真暗闇を走る
7 ブリスベイン追録

第7章 陸路を往く人≠ニいう名の列車

1 ニュージーランドの列車
2 ウェリントン駅頭の青列車
3 タスマン海
4 モーニングティーに和む車内
5 昼食のひと騒動
6 トンガリロ国立公園を行く
7 昼さがりはシェアキールと共に
8 ファイナル・コース

あとがき
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.