風媒社トップページ > 図書目録 >
 

 
キーワード検索

半角スペースで区切った
全ての語を含む
いずれかの語を含む
 
ジャンル検索
社会・ノンフィクション
環境・暮らし
女性からの発言
名古屋・東海を読む
教育・子育て
福祉・障害
歴史・民俗
哲学・思想・宗教
政治・経済
文学・文芸
芸術・写真・映画
エッセイ・評論
健康・食・趣味・ビジネス
アウトドアガイド
暮らしのガイド
小説
コミック
ブックレット
中国21
短歌ヴァーサス
アリーナ
遊民
品切れ・絶版図書
 
 
ギタンジャリ
タゴール詩集 歌のささげもの[新装版]

著者: ロビンドロナト・タゴール 訳者:川名澄

本体価格: \1,700(税別)
サイズ: 四六判変型並製 158頁
ISBN: 4-8331-2095-1
発行年月: 2017年6月刊

数量


 

■内容説明

1913年、アジア初のノーベル文学賞を受賞したインドの詩人タゴールの自選詩集「ギタンジャリ」全103篇を、はじめてタゴールを読むひとにも自然に届く現代の日本語で翻訳。英文も収録。
 

■目次

はじめに

1・あなたは、わたしを果てしないものに
(Thou hast made me endless)
2・あなたが歌をうたいなさいと命じると
(When thou commandest me to sing)
3・わたしは知らない
(I know not how thou singest)
4・わたしのいのちのいのちよ
(Life of my life)
5・あなたのすぐそばに
(I ask for a moment's indulgence)
6・このささやかな花を
(Pluck this little flower and take it)
7・わたしの歌は飾りを棄てた
(My song has put off her adornments)
8・こどもは王子の礼服を着て
(The child who is decked)
9・愚か者よ、おまえは
(O Fool, to try to carry thyself)
10・これは、あなたの足をのせる台
(Here is thy footstool)
11・唱えるな、うたうな、祈るな
(Leave this chanting)
12・わたしは永いこと旅をしている
(The time that my journey takes is long)
13・わたしがうたおうとした歌は
(The song that I came to sing)
14・わたしの欲望はきりがない
(My desires are many)
15・あなたに歌を聴かせたくて
(I am here to sing thee songs)
16・わたしはこの世の祭りに
(I have had my invitation)
17・わたしはただ愛のめぐみを
(I am only waiting for love)
18・雲がいくつも重なると
(Clouds heap upon clouds)
19・もしもあなたがものをいわないならば
(If thou speakest not)
20・蓮の花が咲いた日
(On the day when the lotus bloomed)
21・わたしは舟を出さなくてはならない
(I must launch out my boat)
22・雨がちな七月の濃い暗がりを
(In the deep shadows of the rainy July)
23・あなたは家の外にいるのか
(Art thou abroad on this stormy night)
24・もしも一日が終わったならば
(If the day is done)
25・わたしが疲れ果てた夜には 
(In the night of weariness)
26・かれがきて横にすわった 
(He came and sat by my side)
27・光よ、おお、明かりはどこにある?
(Light, oh where is the light?)
28・しがらみはしつこいものだが 
(Obstinate are the trammels)
29・わたしが自分の名前をつけて 
(He whom I enclose with my name)
30・わたしはひとりで密会に 
(I came out alone on my way)
31・囚人よ、教えてくれ 
(Prisoner, tell me)
32・この世でわたしを愛する人びとは
(By all means they try to hold me secure)
33・昼ひなか、あの人たちが 
(When it was day they came)
34・わたしをほとんど残さないでおくれ 
(Let only that little be left of me)
35・こころが怖れず 
(Where the mind is without fear)
36・これが、あなたへの祈りだ
(This is my prayer to thee)
37・わたしは考えた 
(I thought that my voyage)
38・あなたが欲しい 
(That I want thee, only thee)
39・こころが固く干からびるとき
(When the heart is hard)
40・来る日も来る日も雨が降りそうにない
(The rain has held back for days and days)
41・あなたはどこにいて 
(Where dost thou stand)
42・朝まだき、ささやく声が 
(Early in the day it was whispered)
43・その日、わたしは 
(The day was when I did not keep myself)
44・これは、わたしのよろこび 
(This is my delight)
45・あの静かな足音を
(Have you not heard his silent steps?)
46・わたしにはわからない
(I know not from what distant time)
47・待ちぼうけを喰わされて 
(The night is nearly spent)
48・朝の海の静けさを 
(The morning sea of silence)
49・あなたが王座から降りてきて 
(You came down from your throne)
50・家から家へと物乞いをしながら 
(I had gone a-begging from door to door)
51・夜が暗くなった 
(The night darkened)
52・わたしはあなたにお願いを
(I thought I should ask of thee)
53・うつくしいのは、あなたの腕環 
(Beautiful is thy wristlet)
54・わたしは、あなたになにも 
(I asked nothing from thee)
55・おまえのこころに倦怠が
(Languor is upon your heart)
56・こんなふうに、あなたのよろこびは 
(Thus it is that thy joy in me is so full)
57・光よ、わたしの光よ 
(Light, my light)
58・あらゆるよろこびの音楽が 
(Let all the strains of joy mingle in my last song)
59・そうだ、わたしは知っている 
(Yes, I know, this is nothing)
60・終わりのない世界の海辺に 
(On the seashore of endless worlds)
61・赤ん坊の眼にちらつく眠り 
(The sleep that flits on baby's eyes)
62・わが子よ、きれいな色のおもちゃを
(When I bring to you coloured toys)
63・わたしの知らなかった友に 
(Thou hast made me known to friends)
64・草ぼうぼうに荒れ果てた 
(On the slope of the desolate river)
65・わたしの神よ、あなたは 
(What divine drink wouldst thou have)
66・その女はいつでも 
(She who ever had remained in the depth)
67・あなたは空である 
(Thou art the sky)
68・あなたの太陽の光は 
(Thy sunbeam comes upon this earth)
69・昼も夜も、わたしの血管を 
(The same stream of life)
70・この律動のよろこびを 
(Is it beyond thee to be glad)
71・わたしは自分を大切にして 
(That I should make much of myself)
72・あのひとだ、いちばん奥深くに 
(He it is, the innermost one)
73・わたしにいわせれば 
(Deliverance is not for me)
74・一日が終わろうとしている 
(The day is no more)
75・死を免れない運命にある 
(Thy gifts to us mortals fulfil)
76・わたしのいのちのあるじよ 
(Day after day, O lord of my life)
77・わたしはあなたが神だと知って 
(I know thee as my God)
78・宇宙が創られて 
(When the creation was new)
79・もしもわたしが生きているかぎり 
(If it is not my portion to meet thee)
80・わたしは、むなしく空を
(I am like a remnant of a cloud)
81・なんと多くの怠惰な日々に 
(On many an idle day)
82・神よ、あなたの手のなかで 
(Time is endless in thy hands)
83・母なるものよ 
(Mother, I shall weave a chain)
84・世界のいたるところにひろがり 
(It is the pang of separation)
85・はじめて神の館から出征したとき 
(When the warriors came out first)
86・あなたにつかえる死神が
(Death, thy servant)
87・あてのない希望を抱いて 
(In desperate hope)
88・廃れた寺院の神よ 
(Deity of the ruined temple!)
89・わたしは騒がしい声高な発言を 
(No more noisy, loud words)
90・死神が扉をたたく日に 
(On the day when death will knock at thy door)
91・おお、いのちが最後に 
(O thou the last fulfilment of life)
92・わたしは知っている 
(I know that the day will come)
93・お別れをしよう 
(I have got my leave)
94・お別れのときがきた
(At this time of my parting)
95・わたしは、このいのちの 
(I was not aware of the moment)
96・わたしが世を去るときには 
(When I go from hence)
97・わたしがあなたと遊んでいたとき 
(When my play was with thee)
98・あなたを戦利品で飾ろう 
(I will deck thee with trophies)
99・わたしが舟の舵を 
(When I give up the helm)
100・わたしは、かたちのある海の底まで 
(I dive down into the depth of the ocean)
101・いままでわたしは 
(Ever in my life)
102・あなたを知っているといって 141
103・わたしの神よ、あなたに 
(In one salutation to thee)

訳者あとがき 
主要文献一覧
 
© 2003 Fubaisha, Inc. All rights reserved.